子どもの成長

小学3年生はギャングエイジ?

4月から3年生になったわが家の息子。
4月になったとたん、「反抗」するようになってきました!! 

ギャングエイジとは?

 

3年、4年生は学校にも慣れ、「おれ、できるんだぜ!」という気持ちが強くなってきます。それで、いわゆる言うことを聞かないギャングエイジと、表現をされるのですが
まさか、4月になって、すぐにその様子が出てくるとは、、、

4月から数か月がたち、その様子はいっそう強くなってきました。

・口ごたえが前よりすごい

・いちいち反抗する

・なんでも語頭に「くそ」をつける(くそやばい、くそおもしろくない など)

 

tiara
tiara
母はショックです

そして昨日は「日曜日、友達と約束してきたから!」と言い放ちました。
というのも、毎週日曜日は私とお出かけ(実家など)していて
いつもなら「いってもいーい?」と聞いてくるくらいの遠慮があったのです。

 

それが!!

 

「約束してきたから!(文句ある?)」です。

母はちょっとショックです。不機嫌にもなります。
家族よりお友達を徐々に選ぶようになってきて本気で寂しい。

 

ママ友は「子どもが友達と遊びに行かなくて心配だ」といっていたので
お友達と遊ばなければそれはそれで心配、ということも起きそうですが
うちの子は友達に左右されるところが多くて困ります。

 

・友達がやってるからバスケに入りたい(過酷な練習を知ってやめました)

・友達がやってるから公文にいきたい(宿題が多いと知ってやめました)

 

すべて友達ベース。

友達とゲームをやりたい、という魂胆も見え隠れしています。

わが家はまだゲームは禁止なのです。

自分の意志が少ないように見えて、将来が少し心配です。

 

これも成長なのかなー。

まだ手をつないで歩いてくれるだけいいのかなあ、と、ちょっと悶々する日々です。

 

 

それでも「本を読んでくれ」と甘えてくるアンバランスさ

そんな息子に昨夜読んだ本は


「しゅくだいクロール」著:福田岩緒

 

クロールができない男の子が友達と頑張って練習をして
水泳大会にでる話です。

息子は水泳教室に通っていますが
半年以上、クロールを合格できなかったんです。

それが先日、ようやく合格できまして、
自信を取り戻したから、この本に興味を持ったようです。

以前は興味を持ちませんでしたから。
子どもの気持ちも複雑ですね。

この本のシリーズはほかに
「しゅくだい さかあがり」

「しゅくだい とびばこ」などがあります。

逆上がりも跳び箱もまだ克服できていないので

こちらは読みたくないそうです。笑

 

 

子どものプライドは保って本選びがおすすめ

運営者
ティアラ
小学生の息子の母です。息子は絵本のおかげで言葉も発達し、元気な小学校生活を送っています。絵本、勉強(息子&私)、プログラミング、キャンプ、マネーのことなどを書いていきます。