クリスマス会で盛り上がる読み聞かせ絵本3選

クリスマスが近づいてくると、みんなソワソワ、ワクワクしますよね~。

このワクワクする時期に

ぜひ読んでいただきたいクリスマス絵本をご紹介したいと思います。

クリスマス会には絵本の読み聞かせを

息子は毎年、お友達とクリスマス会をしていて、

子どもらしいクリスマスを楽しんでいます。

クリスマス会ではお父さんがサンタに扮してプレゼントを配ったり

風船を使って大玉ころがしをしたり、みんなで楽器をたたいたり。

いろいろなアクティビティが用意されていて

子どもが楽しく過ごせる工夫がされています。

(親が準備しているということですが)

でも、その中でも鉄板だなあと思うのが

クリスマスの絵本の読み聞かせ」のアクティビティ。

「絵本読むよー」と声をかけると

それまでにぎやかだった子どもたちが

いそいそと集まってきて静かになるんですよ。

絵本ってすごいなあ、

みんな大好きなんだなあ、と思う瞬間です。

読み聞かせは毎回2~3冊ほど用意して、

反応を見ながら読んでいきます。

以前、前年のクリスマス会で読んだ絵本を

「あのとき、あの絵本を読んだよね~」と息子が思い出すことがあったんです。

そのとき私は、印象的なクリスマスの絵本は

忘れられないクリスマスの想い出になるんだと実感しました。

ぜひ忘れられないクリスマス会にしてあげてくださいね!

これまで読んでみて反応がよかった

クリスマス会で読みたい絵本のおすすめ3選をご紹介します。

〇クリスマスにまで読み聞かせ?と思った方。

→読み聞かせは幼児の成長に大きな影響を与えます

1~4歳におすすめのクリスマス絵本

「ねずみくんのクリスマス」

作・なかえよしを
絵・上野紀子

<ストーリー>
ちいさい動物がちいさいツリーを持ってくると、

それより大きな動物がその小ささに笑って、

自分のが一番だといばります。

最後にいちばん小さなねずみのねみちゃんが

いちばん小さなツリーをもってきました。

それをみた大きな動物たちは・・・?

「ねずみくんのチョッキ」で知られるシリーズのクリスマスのお話。

絵本を見た瞬間に「ねずみくんだ!」とわかって

盛り上がることが多いので、お話会の導入によいと思います。

絵はどぎつい色合いなどで刺激的すぎないのもよいポイント。

小さいサイズなので、遠い席の子には少し見えにくいかもしれず

席のとり方に工夫が必要かもしれません。

3歳~小学生におすすめクリスマス絵本

「まどから おくりもの」作・五味太郎

<ストーリー>
クリスマスイブにヘリコプターでおりたったサンタさん。

窓から動物の部屋をみて、「ここはねずみさん」「ここはわにさん」と

プレゼントを配っていきます。

でも実はページをめくると、そこには思ってもみなかった違う動物がいて。。。

かんちがいサンタさんの行動に、子どもたちが大笑いすること必至です!

「きんぎょがにげた」で知られる五味太郎さんのしかけ絵本。

四角い窓から想像する動物と、

ページをめくったときの実際の動物のギャップが子どもたちには大うけ!

大人も思わず笑ってしまう展開です。

ちなみに私が好きなのは、しまうまさんのページ。

五味さんの本は何冊も持っているのですが

言葉づかいも話の展開もユーモアにあふれていて

こんなしゃれを楽しめる人でありたいなあと思わせてくれます。

この絵本の文章も面白くて

「今日はどうやらクリスマス」「あれはきっとおくりもの」で始まります。

めちゃくちゃ、表現が「あいまい」なんです(笑)。

「ここはどうやら」「ここはどうみても」

という表現に五味さんらしさを感じますが

ふつうの人がやったらきっと誤植扱いですよ~。

最後のページには

五味さんのクリスマスカードが壁にはってありますので

ぜひ見つけてみてくださいね。

五味さんは400冊以上の絵本を描かれていて

桑沢デザイン研究所卒だそうです。

この本で使われている画材は水彩絵の具かな。

デザイン性があってスタイリッシュなのに

デジタルで描いていないからか、とても風合いがやさしいんです。

絵の具やインクのもつ暖かさが感じられて

冬の話なのに見ているだけで心がぽかぽかしてきます。

目にも美しい絵本をぜひ読んでみてください。

子どもはもちろんママにも癒しの時間を届けてくれます。

ママも欲しくなる、かわいい&美しい絵本

「よるくま クリスマスのまえのよる」
作・酒井駒子

<ストーリー>

クリスマスイブの夜、「ぼく」はなやんでいます。

ぼく、わるいこだから、サンタさんはこないかも。

たくさん叱られているから、プレゼントはもらえないかも。

よるくまは小さいからサンタさんくるのかな。

いいなよるくまは抱っこしてくれるママがいて。

ぼくは…

「よるくま」の続編となるクリスマスイブのお話です。

サンタさんのお話しというと

あわてんぼうだったり、すこし怖かったりするサンタさんが

子どもたちにプレゼントを置いていく、というパターンが王道です。

(前出の「まどから おくりもの」もそうですね)

しかし、これはクリスマスを迎えるちょっぴり子どもの不安な気持ち

それを包み込む親の愛情が描かれていて

クリスマス本の中では希少なストーリーだと思います。

「サンタさんがこなかったらどうしよう」って

だれでも考えたことありますよね。

そういえば、テストの点悪かったしお手伝いもしてないし。。。など。

私は幼少時代、けっこう考えました。

12月に入ると急に生活態度がよくなったりして。笑

主人公のぼくも「ぼくは悪い子だからサンタさんこないかも」と考えます。

でも、最後のシーンではぼうやの優しいママが出てきて

取り越し苦労だったことが読者にわかります。

夢とうつつを行き来する駒子さんワールドがこの絵本でも炸裂しています。

年末の忙しい時期はついつい子どもにイライラして、

「そんな悪い子にはサンタさんこないよ」っていってしまいがちですよね。

この本を読むとその言葉は控えようという気になりますよ。

酒井駒子さんの描く世界は

こころのひだを描くような切ないお話が多く

その世界を独自のタッチで描き出しています。

原画を拝見したことがあるのですが、どえりゃー美しいですよ!

私のすきな画家さんのひとりです。

ちなみに私のイメージでは酒井駒子さんの世界は夜なんです。

決して明るくはないです。

この絵本も舞台は夜。

漆黒に、青や黄色が緑が美しく浮かび上がっているようすは

見ているだけでも癒されます。

もちろんお話しも楽しめますよ。

〇美しい絵を見ると子どもの心は育ちます。

→子どもの心を育てる読み聞かせ~美術館のような絵本~

にぎやかなクリスマスより

すこし、しっとりしたクリスマスを味わいたい方にぜひ。。

「よるくま」とセットで読むと

なお、お話の世界観がわかるのでおすすめです。