小学三年生

「ゲームをしたい」息子に私が提案した条件とは

こんにちは。ティアラです。

このブログを読んでくださる方の中に、

「子どもが「ゲームをやりたい」といっているけど、できればやらせたくない」
と思われている方はいらっしゃいませんか?

私はそうです。

ティアラ
ティアラ
子どもにゲームをできるだけやらせたくない

東北大学の研究でも「ゲームは脳を委縮させる」と研究結果がでていますし
なにより「ゲーム以外に興味がいかなくなる」のが超!いや!な私。

でも、周囲は年長さんからゲーム機を持っている時代。

夫からも「ゲームをやらせないなんて信じられない。人間じゃない」といわれる始末。

私は自分でコントロールできる小5くらいから、しぶしぶ許そうかと思っていましたが
夫曰く「勉強が大変なその時期に開始させてどうする?」と
わかったようなわからないようなことを言われました。

でも教育関係の友人に相談したところ
「一理あるかも」といわれ、悩むことに。

で、私は悩みぬいて考えました。

「ほしいものは努力して手に入れる」ことを伝えたい!と。

つまり、本を300冊読んだら、ゲームを許す。と

うちの子は絵本は大好きですが、自分で読むことをしません。
読んでもらうのは大好き。

でも私としては、本の面白さを知ってもらいたい。

ゲームを許した後も、同じ時間だけ本を読め、とは言っています。
でもいきなり本を読む習慣は身につかないから

ゲームを始めるため、
本をたくさん読むことを条件にして
読書の体力(集中力)をつけさせよう!!

と、もくろんだわけです。

結局、本にもいろいろ種類があり、ページ数も異なるので
ポイント制を導入することにしました。

絵本(簡単なもの)3ポイント
絵本(読み応えあり)5ポイント
50ページ程度 10ポイント
100ページ程度 30ポイント
200ページ程度 50ポイント
それ以上 50ポイント

合計で1000ポイントいったら、ゲームをしてもよい。
(ただし、ほか条件あり。それはおいおい伝える・・・)

現在、60ポイントをゲット。
さて、いつになることやら。

【11/28後日談】

ときどき思い出したように本をよみ
現在200ポイント。
1000ポイントは遠いなあ。

 

 

運営者
ティアラ
小学生の息子の母です。息子は絵本のおかげで言葉も発達し、元気な小学校生活を送っています。絵本、勉強(息子&私)、プログラミング、キャンプ、マネーのことなどを書いていきます。