未分類

「マツコの知らない世界」で紹介。絵本読み聞かせの世界

マツコ・デラックスさんの番組「マツコの知らない世界」(TBS)。

マニアックな世界が面白くて、

テレビをほとんど見ない私でもよく見ている番組です。

 

2019年1月22日に放送された特集は

なんと「読み聞かせ絵本の世界」でした!

1500冊の絵本を自宅にもつ内田早苗さんがゲスト

現在中1の息子さんも観覧席から登場し

数々の印象的なコメントを連発して

親と子の視線はこうも違うことが分かり

なんとも興味深い構成になっていました。

 

とても面白い内容だったので

見られなかった方のため、

またわたし自身の備忘録のために、

内容を書き留めておきたいと思います。

 

出版業界は低迷。でも絵本はブーム中らしい

1990年以降、出版業界は右肩下がりだそう。

でもそんななか、絵本だけは右肩上がり!

出版点数も増えているそうです。

 

ミロコマチコさんのようなアート的絵本が受けたこと、

キングコング西野さん、タレントのわかつきちなつさんのような

絵本作家以外の方から本がたくさん出ていること、

などが盛り上がっている理由のひとつであるらしいです。

 

「子育てや教育に、絵本がいい」というのが

若いパパやママに伝わってるのかなと想像します。

実は絵本ブーム(児童書も含む)らしいです。

 

しかし、何につけても情報過多のこの時代。

書店で並ぶ絵本の多さに圧倒され、

親がどの本を我が子読んでいいか悩み、

ストレスを感じている方が増えているのだとか。

 

もちろん、子どもに良い本を選びたいし、でも変な本は買いたくない。

そんな気持ちはよくわかります。

この記事の最後でも内田さんのおすすめ8冊をご紹介したので

ぜひ参考にしてください。

子育ての救世主となった読み聞かせ

まずは内田さんが読み聞かせを開始したきっかけから。

 

内田さんはもともと子どもが苦手

生まれてからもどうやって子どもと遊んだらいいかわからなかったそう。

 

愛情はあるけど、その表現方法がわからない。

仲良くしたいのに、仲良くなる方法がわからない。

内田さんはそんなときに絵本に出会い、

救世主!と感じたそうです。

その気持ち、よくわかります。

とくに男の子って、電車やら恐竜やらが好きで

ママの自分の子ども時代とは

全然遊び方が違うので戸惑うんです。私もそう。

 

内田さんは絵本の読み聞かせを通じて

子どもとかかわる喜びを発見したのだそうです。

絵本は単純に子どもが楽しむためのもの

内田さんは会場に息子さんを連れてこられてきていて

ちょいちょいマツコが質問をします。

 

マツコ「絵本読んでもらったことおぼえてる?」

息子さん「覚えてない

息子さんも読んで当時涙したという本について聞いたときも

 

マツコ「これはさすがに覚えているだろ?」

息子さん「当時は泣いたんだと思うけど、今は覚えてない

マツコ「・・・」

 

す、素直!!笑

 

「結局子どもって覚えてないのね。絵本って読む意味ないかも

と感じた視聴者もいるかもしれません。

私はこのやりとりを聞いてて

こんな正直な息子さんを育てられた、内田さんすごいな

と感じました。

 

息子さんの記憶には残っていないかもしれません。

でもテレビに映っているのに

「覚えてない」というなんて、なんて自分がある子なんだろう。

と感心してしまいました。

 

お母さんと根っこの部分が安心感でつながっている、

そんな気がします。

反抗期まっさかりの中一年生だけど

なんだかのんびりした印象の息子さんです。

 

内田さんは

「絵本に教育を求めるな」

「絵本はただ子どもと楽しむもの」

といいます。

だって、みてください、うちの息子」と内田さん。

 

たしかに。。。と思わず納得しちゃうけど(すみませんっ)

そんなふうにいえるお母さんも、すごい。

信頼しあってなければいえないですよ。

 

「子どものために、頑張って絵本読まなきゃ」って

肩に力が入りすぎている方

ぜひこのやりとりを見てほしいです。

 

絵本はゆるーく楽しむもの。

力をこめて読み続けるものではない

ということがよくわかると思います。

教育によくなければ読まないの?

絵本は教育にいい、情操にいい、ということがきっかけで

本腰いれて読み始める方も多いと思います。

 

でも私は基本的には

絵本の読み聞かせは、

親が無償であげる贈り物なんだと思ってます。

 

見返り(教育的効果)は求めちゃいけないんです。

ママに見返りがあるとしたら、その幸福な時間

 

たしかに絵本の効果について科学的なデータはあります。

 

でもこれは親がやる気になるためのきっかけであって

結果まで子どもに求めすぎたら、子どもに重荷です。

 

想像力がつく、協調性がつく、しつけができる

など細かくあげたらいろいろな効果がありますが

それは頭の片隅に置くくらいにして

ついたらいいな」くらいのスタンスがちょうどいいです。

 

1500冊読んでわかった。声こそ最大の魅力

内田さんはいいます。

「1500冊読んでわかったことがあります。

声こそが最大の魅力なんです。

声を出して楽しめるのは絵本だけ」と。

 

たしかにお母さんの声そのものを楽しめるのは

絵本の読み聞かせならではですよね。

やさしい声に包まれる時間は

子どもにとって至福の時間になると思います。

 

絵本は声を通して親子の絆を深める時間。

うちの息子は2年生になっても

「絵本を読んでほしい」と頼んできます。

そのかわいらいしいこと!(すみません、親ばかで)

 

息子は小学校という場所で

たくさんの刺激をもらってきます。

たのしいこともストレスになることもあるでしょう。

でもその一日の最後に聞きたいのは

よく聞きなれた母親のなのかなと思います。

なんせお腹にいるときから、

母親の声を聴いていますからね。

 

内田さん厳選の絵本8冊

声に出して読みたい絵本を中心に

番組内で8冊ほど絵本を紹介してくださっていました。

 

ここに一覧にしておきます。

ぜひ読んでみてくださいね。

 

「しろくまちゃんのほっとけーき」

作:わかやまけん

内田さんがマツコに読み聞かせをしたあと、

「途中で変化したところがあります。どこでしょう?」と質問。

・・・私もわかりませんでした。

それは、しろくまちゃんのエプロンの色!!

料理しているシーン、食べているシーン、片付けをしているシーンで

服の色が違うんですよ!!気づかなかった!

でも子どもはよく気づくのだとか。

大人は絵本を読むときに文字を読み

子どもはだけをじっくりみます。

だから絵の変化にすぐ気づけるんですって。

また、子どもは「自分と同じで洋服を汚すから着替えている」と

感じるのだそうです。

納得です。

 

「ごぶごぶ ごぼごぼ」

作:駒形 克己

読むと落ち着きのない子どもが静かになる本だそう。

ごぶごぶ、ごぼごぼ

という擬声音?擬態音?ともしれない音が

子どもには面白く聞こえるのです。

 

「くだもの」

作:平山和子

ほんものそっくりの果物の絵に

子どもたちが本気で食べれると思ってしまう本。

すこしだけ見える服も

その果物の旬の季節にあわせて書かれているのだそう。

 

「これはのみのぴこ」

作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠

読み聞かせをすると、

子どもたちはどんどん声をだして暗唱していく本。

わたしの姪っ子(当時小2くらい)も大好きだったなあ。

最後の結末に「うまい!」と思わず思ってしまいました。

 

「おいしいおと」

 

作:三宮 麻由子
絵:ふくしまあさえ

作者の三宮さんは全盲の方だそうです。

だからなのか、音に対して豊かな感受性を持っています。

パリパリ、むしゃむしゃくらいしか

わたしは食べる音について思いつきませんが

この本が紹介する音は本当に豊か。

新しい音の世界につれていってくれます。

「オニのサラリーマン」

文:富安 陽子
絵:大島 妙子

サラリーマンのオニがなんともユニークな本。

残念ながら、わが家はサラリーマン家庭ではないので

あまり息子はピンとこなかった本でした。

でもお父さんがサラリーマンの方には面白い本だと思います。

大阪弁が読んでいても楽しいです。

 

「パンツのはきかた」

作:岸田 今日子
絵:佐野 洋子

女優の岸田今日子さんが書かれて

お友達の佐野洋子さんがイラストを描いた本。

歌のCDもあるようです。

 

おむつをとってパンツのトレーニングをするときに

こんな楽しい歌と本があったら

もっとトレーニングが楽しくなりそうですね。

 

「あなたがとってもかわいい」

作・絵:みやにし たつや
出版社: 金の星社

これは私もぜったい読みたい!と思った本。

内田さんの息子さんが涙した本(忘れてたけど)でもあります。

 

子どもって親にとっては永遠に子ども。

生まれたときからずーっと

「かわいいなあ」って思い続けるのでしょうね。

そう感じられるのって、幸せなことですよね。

親にしてくれてありがとう!という気持ちがわいてきます。

運営者
ティアラ
小学生の息子の母です。息子は絵本のおかげで言葉も発達し、元気な小学校生活を送っています。絵本、勉強(息子&私)、プログラミング、キャンプ、マネーのことなどを書いていきます。