プログラミング

子どものプログラミング教育。じっさいのところどうなの?何をすべき?

こんにちは。ティアラです。

今日は最近ママ友との間で話題になった「プログラミング」のお話です。

ママ友
ママ友
子どもが学校でチラシもらってきて「プログラミング、やりたい」っていうんだけど、、
ティアラ
ティアラ
うん。いいんじゃない。やってみたいことをやるのが一番だよ
ママ友
ママ友
でも、いったい何をやるのかな?コードを書くの?私は文系だし、教えられないわ。それにゲームを助長する感じになったらやだなあ

同じようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

2020年から小学校で必修化されたプログラミング教育。
最近では、いろいろなプログラミング教室や教材、おもちゃなどが販売されていて、
「いったい、プログラミングって何なんだろう」と思っている方は多いと思います。

実は、私はプログラミング教育にたずさわって5年です。
現在は子どもたちにプログラミングを教えたりもしています。

そんな私が思うプログラミング教育と、取り組み方についてお話できればと思います。

小学校でプログラミングが必修化された目的

学習指導要領の改訂で、2020年度から小学校ではプログラミング教育が必修化されました。
ここでのポイントは、

・プログラミングという教科が増えるわけではない。
・プログラミング言語を学ぶわけではない。

ということです。

1 プログラミング的思考(論理的思考力)を身につける

コンピューターを動かすには正しい指示を出す必要があります。
指示は論理的でなければ、コンピューターは混乱してしまいます。
つまり、コンピューターに適切な指示が出せる=論理的な思考ができる
ということになるのです。

もちろんコンピューターを使わなかったとしても、
日常でも仕事でも、論理的思考力は重要な力です。

プログラミングに親しむことで
自然とプログラミング的思考(論理的思考力)をつけさせたいという国の狙いがあります。

2 コンピューターの役割を知り、慣れ親しむ

ロボットやAIの普及も進んだ現代。
このような技術なしに暮らすのは非現実的であり、深くかかわる必要があります。

小学校でAIやICTに触れることで、子どもたちが理解し、ロボットを適切に扱えるように慣れ親しむ必要もあります。

将来的な社会の変化や新しい技術にも対応させる力が必要という考えから、必修化となりました。 

3 プログラミングを活用して、いつもの勉強の学びを深める

プログラミングを組んで図形を書いたり、理科の電気の仕組みをロボットを使って行うなど
今までの学習内容に追加して、活用させることができます。

新しい手法により、子どもたちはより「やる気」と興味を持って、取り組めることが望めます。

これは多いに期待できると私も思います。

子どもがやる気なら絶対挑戦させるべきだと思う理由

文系とか理系とか関係ない。これからの必須の能力

Aさん
Aさん
私も夫も文系で、全然プログラミングとか理系のことはわからないの
別にプログラマーにさせたいと思ってない。だから必要ないんじゃない?

と感じている方もいらっしゃるかなと思います。

教えている私も実はど文系です。
パソコンはもともと不得意でもなく、かといって得意でもないレベル。
しかし、教えるにあたり、プログラミングの勉強をたくさんしました。

その中で自分の頭がまったく論理的ではないとを痛感しました。
指導してくれる先生は本当に論理的で、理路整然としているのに対し
私の考えも質問もとても感覚的だったのです。

私は必要性にかられプログラミングを学びましたが、
大人の私でさえ、プログラミングを学ぶにつれて
自分の頭が論理的な思考に変化するのを感じています。


夫とケンカするとき、家事をうまくまわすとき、料理をするとき、
論理的に考えることができると、余計な迷いを持たずに動くことができます。

頭の柔らかい子どもたちなら、きっと効果はてきめんです。
問題を発見して解決する、ことのPDCAを自分で回せるようになります。

自分で問題を発見する、という能力は本当に高度です。
ぜひ身につけてほしい力だと感じています。

やってみなくちゃわからない。可能性を広げよう

私はプログラミングを教えることのほかに、勉強(的なこと)も教えています。

勉強ではそんなに輝いていなかった子どもたちが、
プログラミングの時間になったとたん
目の色が変わり、発言が増えたりすることが多くあります。

結構高度なことをしているのに。
目をキラキラさせて、楽しく取り組んでいます。

子どもはこんな感じで一瞬で変化するのです。

そんな大きな変化が訪れる可能性があるのが、プログラミングなのです。
魔法みたいでとっても面白いです。

原石がダイヤモンドになった例をいくつも見てました。

ティアラ
ティアラ
プログラミングで開花して、英語もいつのまにか習得して、コードをかけるようになり、留学した子もいます。

発表が苦手で逃げ回っていたのに、プログラミングの楽しさを伝える発表では堂々と伝えて、お母さんをびっくりさせたお子さんもいます。

プログラミングへの興味と好奇心、あくなき探求は生き方まで変えさせる力があると思います。

善は急げ。身近なものから挑戦させたい3つのステップ

ティアラ
ティアラ
お子さんがやりたいといっているなら、やらない手はない

と私は思っています。
うちの息子はまだその時ではないようなのが残念で、
ママ友のお子さんが興味を持っていたりすると、とってもうらやましい限りです。

ママ友
ママ友
じゃあ、まずは何をやらせたらいいか教えてよ

はい。
では3つのステップで挑戦してみてくれたらいいなあと思います。

第1ステップ:親子で本を読んでみる

実際に私もプログラミングってどういうことするの?と思った数年前に
この本を読むことから始めました。

『ルビィのぼうけん』

これは、フィンランドの女性プログラマー、リンダ・リウカスが、子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるように作った絵本です。
4~11歳の子どもが親と一緒に楽しめる本となってます。
前半は絵本、後半は練習問題に分かれていて、全体を通してプログラミングに必要な考え方に触れるようになってます。


学校が目指している「プログラミング的思考」ってこういうことね!
だから国語でも英語でもできるわけね!

というのが肌でわかります。

論理的思考というのがどういうものか腹おちさせるのにいいですね。

前半は絵本になっているので、私も息子に読み聞かせました。
イラストがかわいいので取り組みやすいかもしれません。

第2ステップ:親子で挑戦。スクラッチをダウンロード

世界的に有名な子供用プログラミングソフトScratchをパソコンにダウンロードして
どんな感じか作ってみるとよいです。
7歳までのJr.Scratchはより直観的に動かせるので小学校低学年までにお勧め。

NHKの教育プログラム「WHY?プログラミング」を見ることもおすすめ。

ちなみに私はこちらの本を購入して、勉強しました。
必ずVER3.0以上対応のものを購入してくださいね。


第3ステップ:プログラミングスクールに体験に行ってみる

とにかくどんなものか知りたい!という方には
体験を行っているスクールに行くのもおすすめです。

パソコンメインで行っているところ
ブロックと連動させて行っているところ
コードそのものを教えているところ

いろいろ種類があるので、2,3か所いくといいかもしれません。

子どもが楽しいと思ったら、とりあえず通わせるというのも手ですね。

まとめ

読み書き、そろばん、プログラミングというくらい、
もう少し先の未来では必須となっているスキルになるかもしれません。

コードを書くようなプログラマーにならないにしても、
IT技術が中心である今後の世の中で生きていくのには、プログラミングに触れておくことは必要です。

個人的には、プラットフォームは利用するより作ったもの勝ち、と思っています。
そんな力を身に着けることも可能です。

チャンスがあれば、ぜひプログラミングに挑戦させてみてくださいね。

運営者
ティアラ
小学生の息子の母です。息子は絵本のおかげで言葉も発達し、元気な小学校生活を送っています。絵本、勉強(息子&私)、プログラミング、キャンプ、マネーのことなどを書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です